保育スタッフ経験を持つ行政書士が認可保育所・認可外保育所・小規模保育所・認定こども園・企業主導型保育所の設立開業の行政手続き・運営をサポートいたします!認可取得をお考えの経営者様、保育所の運営やチラシ作成、ホームページ作成まで保育所にまつわる幅広いサービスをフルサポートでご提供いたしております。信頼のおける士業ですのでご安心してお問い合わせください。保育所に関するご要望であれば日本全国どこへでもお伺いします。土日祝日も予約制にて対応中!お問い合わせは078-600-2732(代表)までお気軽にどうぞ!
保育事業コンテンツ情報局

タグ : 子ども・子育て支援制度

小規模保育所が活躍する!

子ども・子育て支援制度がスタートした現在と未来 都心での活躍 小規模保育事業は、子ども・子育て支援制度内では地域型保育給付の柱として活躍が期待されています。特に都心部ではコンパクトで機動力があり、待機児童の80%が3歳未 …

「保育教諭」と「子育て支援員」

保育教諭とは 国家資格は、保育士と幼稚園教諭の2種類になります。幼稚園教諭は教育職員免許法を根拠とし、保育士は児童福祉法に定められています。また、幼稚園教諭免許には1種免許と2種免許があり、1種免許は大学卒程度の学歴が求 …

公定価格

子ども・子育て支援制度における事業者への給付金 新制度のもと、認定こども園、幼稚園、保育所を通じた共通の給付である「施設型給付」、小規模保育や事業所内保育などに対する「地域型保育給付」が創設され、市町村の確認を受けた施設 …

家庭的保育事業・事業所内保育事業・居宅訪問型保育事業の開業

小規模保育以外の地域型保育事業 子ども・子育て支援制度では小規模保育以外にも地域型保育事業として、「家庭的保育事業」「事業所内保育事業」「居宅訪問型保育事業」の3つの事業ができました。それぞれの特徴を見ていきましょう。 …

小規模保育所の開業(地域型保育事業)

子ども・子育て支援新制度において創設 小規模保育は、特に2013年度、2014年度の緊急プロジェクトや地方単独保育施策を中心に進められ、厚生労働省によると、2016年度では全国的に2400施設ほど開設されています。それま …

施設型給付等の支給認定

保育の必要性の認定 ※教育標準時間外の利用については、一時預かり事業(幼稚園型)などの対象となる。 子ども・子育て支援制度では、実施主体である市町村が保護者の申請を受け、客観的な基準に基づいて保育の必要性を認定したうえで …

子ども・子育て支援新制度

新制度の法的根拠と財源 子ども・子育て支援新制度は、2012年8月に自公民3党合意を踏まえ成立した「子ども・子育て関連3法」(①子ども・子育て支援法、②認定こども園法の一部改正法、③子ども・子育て支援法及び認定こども園法 …

PAGETOP
Copyright © ウォールズ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.